XMのロスカットに深く関わる証拠金維持率について

ロスカットの発動条件は証拠金維持率が一定以下になることです。証拠金維持率とはどんなものであり、発動条件はどれくらいなのかをこれから説明していきます。ロスカットの発生を避けたいときの参考にしてみてください。

XMのロスカットに関係する証拠金維持率とは

証拠金維持率とは「口座にあるお金とポジションを維持するのに必要なお金の比率」を示す割合のことです。口座の資金が潤沢にあれば特に気にする必要はない数値ですが、ポジションを維持するのに関わる指標であることから、含み損などが大きくなると意識せざるを得なくなる指標でもあります。

証拠金維持率が一定以下になると強制的に約定させられるロスカットが働くのは共通ですが、国内FX業者は50%以下になったら発動するのに対して、XMでは20%以下になったら発動するなど発動タイミングが業者によって異なります。

XMでロスカットが発生するのは証拠金維持率が20%になったとき

XMでロスカットが発動するのは証拠金維持率が20%以下になったときですが、20%になるまでXM側も放置しているということはありません。証拠金維持率が50%以下になるとマージンコールというものを出します。

マージンコールとは「証拠金維持率が危ないので資金を追加で入金してください」という通知です。国内FX業者の場合はマージンコールと同時に資金の追加入金を要求する「追証」を迫ることがありますが、XMでは追証は発生しないのであくまでも「警告」のみにとどめています。

XMでロスカットが発動する条件の証拠金維持率が20%によるメリット

証拠金維持率が低いことによるメリットは「ギリギリまで取引が粘れる」という点です。証拠金維持率が高いと、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などによって上昇することがわかっていたとしても、現在の下落具合では即座にロスカットが起きてしまうなど、機会損失を招くことがあります。

ですがXMのように証拠金維持率が低く設定されていると、現在の下落状態でもロスカットが発生せずにポジションがキープされ、上昇トレンドに無事乗ることができるなど、「ギリギリまで粘れたことによって利益を獲得できた」ということが期待できます。

XMでロスカットが発動する条件の証拠金維持率が20%によるデメリット

証拠金維持率が低いことによるデメリットは「ロスカットが起きたときの損失が大きい」という点です。「ギリギリまで取引を粘れる」というメリットも、裏を返せば相場の流れを読み違えてしまうと価格がさらに下落して損失が大きくなるということにもなります。

国内FX業者ではロスカットの発生条件を「証拠金維持率が50%以下になったとき」としているのも、万が一のことが起きたときにトレーダーの損失を軽くするためという意図があるのかもしれません。

XMでは証拠金維持率が低いので、万が一ロスカットが起きると受けてしまう損失も大きくなってしまうので、ストップロスや逆指値を設定するなどして対策をしっかりと取っておきましょう。

まとめ

証拠金維持率とは取引を維持するときに関わる指標であり、一定以下になるとロスカットが発動するなどボーダーラインとしても役割も担っています。XMではロスカットの発生条件は「証拠金維持率が20%以下になったとき」としているため国内FX業者よりもギリギリまで粘れますが、一歩間違えると大きな損失を抱えることにもなります。

現在の相場の流れをみて粘るか、それとも撤退するのかを決めるようにしましょう。

証拠金維持率を維持しつつXMで取引することが大切

おすすめの記事