XMでビットコインの取引できない原因は?

「XMではビットコインをFX感覚で取引ができる」と聞いたことはあるはずです。ですが取引できると聞いたにもかかわらず、やり方がわからずに何もしていないという方も少なくありません。XMでビットコインを扱うときには少し注意点がありますので、紹介していきます。

XMのMT4ではビットコインは取引できない利用できない

ビットコインの通貨ペアが気配値にでてこないときはプラットフォームを疑ってみてください。ビットコインはMT5では取り扱えますが、MT4では取り扱えません。もしもMT4のプラットフォームを使用しているときは、MT5のプラットフォームに切り替えるようにしましょう。

プラットフォームの切り替えをするときに気をつけてほしいのが開設した口座の種類。XMではMT4用とMT5用の2種類の口座が用意されているのですが、実はMT4とMT5の間には互換性などが一切用意されていないため、MT4の口座しかない場合はMT5別途開設しなければいけません。

口座の新規作成は時間がかかりましたが、口座の追加に関してはすでに必要書類などが提出済みなので、早ければ1時間ほどで新しい口座を用意できます。

ビットコインが取引できないと勘違いしている

MT5のプラットフォーム使用しているのにもかかわらずビットコインの取引ができないというときは、銘柄探しに失敗している可能性が高いです。こちらはMT5のプラットフォームの扱いに慣れていない人にたまに見られますので、あらためて注文方法を確認していきましょう。

注文するときはMT5のトップページにある「新規注文ボタン」をクリックすることからはじまります。ボタンクリックで表示された注文画面の「銘柄」にて「BTCUSD」という項目を探して注文処理をおこないます。XMは米ドル(USD)とのペアでのみ仮想通貨を運用しているので、その点を勘違いしている人が多いので気をつけてください。

2019年10月以降のXMではビットコインは取引できない

新しい通貨として、新しい投機先として注目を集めているビットコインですが、残念ながら2019年10月より、新規のビットコイン取引ができなくなりました。2017年から2019年にかけて価格が大きく変動したため、そのまま取り扱うとトレーダーやXMの運営側に大きな損失をもたらす可能性があったためです。

ただしビットコインの取扱禁止は過去にも何度かおこなわれており、時間がたてば取引も許可されるということを繰り返してきました。今回の取扱禁止も一過性のものであり永久ではないので、XMで仮想通貨の取引をしたときは再開されるまで待つようにしましょう。
なおビットコインが取引再開するときは公式サイトのお知らせにその旨が記載されます。

まとめ

残念ながら2019年10月よりビットコインの取引はできなくなってしまいました。ですがビットコインなどの仮想は誕生して日が浅いことから、取引停止と再開を繰り返してきたという過去があります。今回の取引停止も永続するものではないのでいつかは取引が再開されるはずです。そのときを待ちましょう。
XMでビットコイン取引が再開されるまではほかの取引をしましょう

おすすめの記事