海外FXで確定申告するために

労働によって収入を得たら必ず税金が発生します。海外FXなどの投資活動はお金を働かせることから、労働というイメージはありませんが、収入を得たことには変わりないので税金が発生します。そして海外FXで稼いだお金から税金を納めるときは、確定申告をしなければいけません。とはいえ一定上の利益を得ていなければ確定申告が不要など確定申告にもルールが存在しています。今回はそうした確定申告に関することの一部を説明していきます。

海外FXで確定申告する条件

海外FXを利用して確定申告する市内の条件は、年間で得られた利益によって変化します。 サラリーマンなど給与所得がある仕事についている方は年間の利益が20万円以上、個人営業者など給与所得がない方に関しては、年間の利益が38万円以上の場合に限り確定申告が必要です。利益を上げていることが条件のため年間を通して、トータルでマイナスとなっている場合は、確定申告をする必要がありません。

確定申告の条件として挙げられている給与所得者とは、「毎月安定した給料をもらっている人」のことになります。そのため派遣社員や契約社員、アルバイトに関しても給与所得者となりますので気をつけてください。 

また以下のいずれかの条件を出す人は年間利益に関係なく、海外FXで利益を上げている場合は確定申告が必要です。

・給料の収入金額が2000万円を超えている

・給料を2か所以上から受けている

・親族が経営している会社で役員などの役職にあり、給料以外にも貸付金などの収入がある人

 

海外FXと国内FXの確定申告の違い

XMの取引をしている人の中には国内FXで確定申告をした経験を持つ人もいます。基本的には同じ手続きで行うのですが、一部の対応で異なる異なるか生がありますので注意が必要です。

一つ目は「支払う税金の種類」です。国内FXの場合は分離課税方式のため雑税となるのに対して、海外FXは総合課税方式であることから所得税と住民税が発生します。雑税と所得税は税金の種類としても異なるのですが、特に大きな違いとして挙げられるのは「税率」です。雑税は20.315%であり所得が大きくなったとしても変わりはありません。対して海外FXは所得税であることから、所得が大きくなるほど税率が高くなっていきます。

二つ目は「損失の扱い」です。国内FXの場合は損失を繰り越すことができるため、翌年以降利益を上げた場合に過去の損失で相殺できますが、外FXの場合は損失を繰り越すことができないため、未来で利益をあげたとしても過去の損失とは相殺ができません。

こうして聞くと海外FXの方が一方的に損をするように思えますが、損失の繰越をするためには損失を上げた時でも確定申告として損失を計上しなければいけません。海外FXの場合は損失を出したら確定申告をする必要がないことから、確定申告に関する手間が減るというメリットもあります。

 

海外FXの確定申告の税区分

税金と一言に言っても、所得税や住民税、消費税など色々な税金があります。海外FXの確定申告で支払う税金はどういったものなのでしょうか。海外FXなどの投資で得た利益に対しては雑税こと雑所得が発生することになります。

雑所得の税率に関してですが、種類によって適用する税率は変わる累進課税の仕組みが適用されています。累進課税は所得税などのように、所得金額に応じて税率が増えていくことから、FXで得た利益が高くなれば高くなるほど税率も比例してupしていきます。 ただし上がるのは税率だけではありません。納税額を決める際には控除という税金計算時にマイナスする金額も定められており、利益が高くなればなるほど控除額も大きくなっていきます。

海外FXの確定申告で条件として挙げられている利益とは?

確定申告の条件として年間の利益を上げていますが、この利益とは具体的にどのタイミングのことを指すのでしょうか。こちらはポジションを約定したときのことになります。

含み益のあるポジションを保有していて、それを約定した時に利益が上がったこととなります。そのためポジションを保有している含み益を抱えている段階であれば、確定申告の対象にはなりません。

確定申告での利益とは「年間を通して」の利益です。そのため確定申告をする前に含み損を抱えているポジションを約定すれば、発生した損失で利益をへらせるようになります。もしも納税額を少しでも減らしたいと思ましたら、含み損を抱えているポジションを損切として約定してしまうのもよいかもしれません。

 

まとめ

サラリーマンなど給与所得がある方の場合、納税は会社側が行なってくれるため自分で行うことはまずありません。(年収2000万円以上の高所得者を除く)ですが海外FXなどの投資活動は会社を経由せず自分で行うことになるため、納税も自分自身で行う必要があります。そうした納税の活動として確定申告が存在していますので、毎年行うのは面倒かもしれませんが忘れずに行うようにしましょう。

 

おすすめの記事