【これだけ読めばOK】XMの口座開設で必要な書類まとめ
XMで口座開設をすると、最初は必ず書類提出が求められます。「むやみに個人情報を晒すのは嫌だ」と思うかもしれませんが、提出しない取引できないので、抵抗があるかもしれませんが提出しましょう。提出そのものはそれほど大変ではありませんが、どういった書類の提出が求められるのでしょうか。 ここではXMの口座開設で必要な書類についてお話します。

XMの口座開設で提出が必要な書類1、本人確認書類

XMで口座開設をするのに必要な書類の1つ目は「本人確認書類」です。本人という名前が示すとおり、XMで登録した人物が本当に存在していることを証明するための書類となります。 「インターネットで登録した名前が有効であれば本人確認は不要では?」と思うかもしれません。確かに口座作成するだけならば登録した名前で大丈夫ですが、「作成した口座を犯罪目的で使わせない」ために本人確認は必要となります。「口座作成時に登録した名前だけあればいいのでは」と思うかもしれません。確かに口座を作るだけならばインターネットで記載した名前だけでも充分なのですが、「作成した口座を犯罪利 XMで作る口座は、銀行で作った口座のように利息はつかないものの入金や出金ができるなど、基本的な機能は銀行のとほぼ同じです。そのため「犯罪行為で得た資金をXMの口座に入金し、入金が確認できたら別の口座に出金する」などの方法で、マネーロンダリングがおこなえたりします。 こうした犯罪行為を未然に防ぐには「口座を作成した人物を知る」ということが有効であるため、口座開設時には本人確認が求められるようになりました。(ちなみに出金時は、出金先の口座とXMの講座の名義は同じにしなければいけないなどの成約があるため、上記の犯罪方法はおこなえません。) 本人確認として提出する書類としては、「運転免許証」「パスポート」などが挙げられます。大切なのは「本人が写っている写真がある」です。そのため保険証については対象外となっていますので気をつけてください。

XMの口座開設で提出が必要な書類2、住所確認

XMの口座開設で必要な書類の2つ目は「住所確認書類」です。ほかのFX業者でも本人確認の書類は提出するだけで良かったりするのですが、XMではさらに住所確認用の書類も求められます。 なぜ本人確認だけでなく住所確認を求められるのかは不明ですが、「求められているんだから仕方がない」と割り切って提出するようにしましょう。 住所確認として提出する書類には「健康保険証」、「電気ガス水道など公共料金の明細書」、「納税書」などが挙げられます。今住んでいる住所が記載されていれば基本的には問題ないのですが、書類自体が古すぎると認められない場合もあります。基本的には6ヶ月以内に発行した書類を使用するようにしましょう。

まとめ

XMの口座開設には本人確認と住所確認の2つの書類提出が求められます。提出自体は必須なので面倒かもしれませんが忘れずに提出しましょう。また「提出した個人情報が漏れるのでは」と心配している方もいるかもしれません。提出してもらった個人情報は厳重に保管しているので、一応は安心できるかと思います。 書類をそろえて口座を作ろう
おすすめの記事