XMで使用するおすすめEAを探すためのチェックポイント

「XMでEAを使いたいけれど、候補がたくさんあってどれにすればいいのかわからない」と悩んでいませんか。そうした方のために、EAを探すためのおすすめポイントというのをまとめてみました。EA選びにぜひ参考にしてみてください。

バックテストだけでなくフォワードテストも公開しているEAがおすすめ

EAを選ぶときは、バックテストだけでなくフォワードテストも公開しているEAを選ぶようにしてください。

EAを導入したら「どれくらい稼げるのか」を知ることは、とても大切です。その際に過去のデータをもとにテストしたバックテストの結果を参考にすることが多いのですが、それだけでは不十分といえます。バックデータはあくまでも過去のデータでしかなく、過去の情報に合わせてEAの内部を変更するだけでよい成績を上げられてしまうからです。

そのため、EAを探すときはバックデータだけでなく、現在の状況を使っているフォワードテストの結果も参考にしましょう。フォワードテストの結果は今後どのように相場が動くのかわからない状況で作られた結果なので、バックテストの結果よりも信頼性は高いです。

金融庁から許可を得ている企業が作ったEAがおすすめ

XMで使うEAは個人が作ったもの企業が作ったものとさまざまありますが、基本的には金融庁から許可を得ている企業のEAを使うようにしてください。

EAを販売するだけならば金融庁の許可は不要なのですが、システムの変更やアップロードといった作成したEAのサポートをするときは金融庁の許可を得なければいけません。つまり金融庁の許可を得ている企業が作ったEAは、バージョンアップがおこなわれることから利益を得られる確率が高いといえます。

また個人ならば売れればそれで終わりということも多いのに対して、企業は自社の評判なども重要なことから顧客から評価されるツールを販売しなければいけないという事情もあります。

金融庁から許可を得ているかどうかは会社のホームページに記載されていることが多いので、EAを購入する前に購入元を確認してみてください。

平均利益が高いEAがおすすめ

FXは経済情勢などによって相場が級に変わることがあるため、常に勝ち続けることはできません。これはEAも同様であり、プログラムで正確な取引ができるといえど時には損失が発生することがあります。ですので、EAをチェックするときは平均利益と平均損失を比較し平均利益が大きい方を選ぶようにしてください。

また、平均利益と平均損失を見るときは勝率もチェックしましょう。例えば以下のようなEAがあったとします。
●EA:A、勝率60%、平均利益:2000円、平均損失:1000円
●EA:B、勝率80%、平均利益:1500円、平均損失:1000円

勝率を含めた利益率を比較すると
●EA:A、2000×0.6ー1000×0.4=800円
●EA:B、1500×0.8ー1000×0.2=1000円

となり、Bのほうが利益率が高くなります。やや計算が面倒かもしれませんが、EAを選ぶときは勝率もふまえて選ぶようにしましょう。

まとめ

EAを購入するにあたって、さまざまな情報を参照できることから逆に「どこをどう見ればいいのかわからない」となってしまう方も少なくありません。そうしたことに悩んでいましたら今回紹介したところを中心にみてみてはいかがでしょうか。
XMで使うおすすめのEAを取得したら

おすすめの記事