XMで扱っているビットコインとは?他に取引できる仮想通貨は?

XMではドルや円などの国家が管理している通貨の取引をしているのですが、実は「ビットコイン」というやや特殊な通貨も取引対象にしています。ビットコインという言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、具体的にどういったものであり、通常の通貨とはどんなところが異なるのでしょうか?

XMで扱っているビットコインはインターネット上にある通貨のこと

XMで扱っているビットコインとはインターネット上にある通貨のことです。1万円札や千円札のように紙幣や硬貨がなくコンピューター上のデータでの存在している通貨となっています。ビットコインが誕生したのは2009年で、ナカモトサトシという人物がビットコインの理論をインターネット上に公開し、公開内容をみたプログラマーが実際にプログラムを作ったことにより誕生しました。

ナカモトサトシという人物が何者なのかは現在でもわかっておらず、仮想的に「中本哲史」という名前が当てられています。

なおビットコインのことを「仮想通貨」と呼ぶ人もいますが、厳密にいうと正しくはありません。仮想通貨という言葉はインターネット上に存在している通貨の総称であり、ビットコインのほかにイーサリアムやモナコインなども含まれています。ビットコインは仮想通貨の一種であり、仮想通貨という言葉は概念に近いものですので気をつけてください。

XMで取り扱っているのはビットコインだけではない

XMではビットコインを扱っていることで有名ですが、取り扱っている仮想通貨はビットコインだけではありません。ライトコイン、イーサリアムやリップル、ビットコインキャッシュ(ビットコインから派生した通貨。名前は似ているけど別の通貨となっています)という5種類もの仮想通貨も取り扱っています。XMではビットコインのことを「BTCUSD」と表記し、イーサリアムならば「ETHUSD」とそれぞれ表現しています。XMはFX業者であることから仮想通貨もFX取引の一環として扱っているため、米ドルとのペアを組ませているのが特徴です。

XMではビットコインそのものは購入しない?

ビットコインを運用するときに気になるのが、コインの管理方法。仮想通貨取引所で通貨を管理するときはビットウォレットを用意する必要があるのですが、XMも同じなのでしょうか。答えはNoで、XMではビットウォレットなしでビットコインの取引ができるのですXMではビットコインの取引ができるとはいいましたが、実際のところはビットコインそのものは購入していません。CFDと同じく差額決済を採用しているため、実物を持たなくても取引ができるようになっています。

ビットコインの運用で怖いのはハッキングなどによって自分の仮想通貨が失ってしまうことなのですが、CFDならば実体を持たずに運用ができるのでハッキングに強いのが特徴です。

まとめ

2017年ビットコインは1枚200万円以上にも達するほどに高騰し、「億り人」という言葉を流行らせるほど人々の注目を集めました。2018年からは価格が大幅に下がってしまい大きな話題となり、2019年からは再び高騰しだしてにわかに注目を集めています。今後同価格が変わるのかは不鮮明ですが、大きなリターンを得られる可能性もありますので、取引が再開されたときに試してみてはいかがでしょうか
XMでは取引できなくてもチャートは確認できます

おすすめの記事