XMのゼロ口座のスプレッドはなぜ小さい
・導入
XMで取引をするときは、使用する口座について
意識していますか。「どの口座も大して違わないのでは」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。とくにXMではゼロ口座という少し変わった口座もあるので、口座選びというのは意外と重要です。ゼロ口座はとりわけスプレッドが狭くなっていることが特徴なので、そのスプレッドの観点からゼロ口座について説明していきます。

XMのゼロ口座はNDD方式を採用しているのにスプレッドが狭い

XMはゼロ口座に限らず、すべての口座でNDD方式というのが採用されています。NDD方式はFXにおける取引形態の1つであり、公平性が高い方式であることから海外FXではよく採用されている方式です。ただし公平性が高いことから業者側にとっては誤魔化しが効かないという欠点を持ちます。
ごまかせないことにより影響を受けるのが、スプレッド。XMも営利団体であるためどこかで利益を出す必要があることから、スプレッドが広くなっています。そうした状況下でもゼロ口座はスプレッドが狭いため、かなり特殊性の高い口座といえます。

XMが提供しているゼロ口座のスプレッドが狭い理由

ゼロ口座のスプレッドがかなり狭い理由は、ゼロ口座が採用しているECN方式によるところが大きいです。ECN方式とはトレーダーからの注文を電子取引所へと流して、注文を処理するという方式です。電子取引所へと注文が流されると、注文内容の検索やや苦情処理などはすべて電子取引所のコンピューターでおこなわれます。ほぼすべての処理が電子取引所で行われることになっており、XMの運営側がおこなうことはほとんどないため、業者の取り分でもあるスプレッドを低い状態にしているのです。

 

スタンダード口座やマイクロ口座はECN方式ではなくSTP方式というのを採用しています。XMが一切運営にかかわらないECN方式に対してSTP方式は運営側が若干取引に介入するのが特徴です。たとえばトレーダーが注文を出すと、XMの運営者側は注文内容を受理し、リクイディティプロバイダーという取引市場で注文が受理できるかどうかを検索します。検索した結果、トレーダーの注文と合致できそうなものを見つけてら、運営側は約定処理を行います。総じてSTP方式は注文の検索や約定処理など業者側でいくつかの作業をこなさなければいけません。言い換えれば人件費が発生することになるため、手数料代わりにスプレッドを高くして、人件費を徴収しようとするのです。
なおECN方式とSTP方式はそれぞれやり方が異なるものの、どちらもNDD方式の1種であるため、同じものとしてみなされることもあります。

まとめ

ゼロ口座はスプレッドがゼロになるぐらい狭い口座だからゼロ口座と呼ばれています。スプレッドが低いのはXMで何かをしているというわけではありません。NDD方式の1形態であるECN方式を採用していることからゼロ口座はスプレッドが狭くなっています。

ゼロ口座はスプレッドが狭い

おすすめの記事