XMは使いやすい?海外FXをランキング形式にして調べてみました。

FX取引をするためにはFX会社で口座を開かなくてはいけません。ですがFX会社によってレバレッジや用意されているボーナスが異なることから、FX会社選びは慎重におこなわないといけません。とはいえ「いちいち調べるのも面倒で仕方がない」と考えている人も多いでしょう。そこで今回は海外FX会社をさまざまな視点からランキング形式にして比較してみました。FX会社を選びときの参考にしてみてください。

なお今回は海外FX会社に限定していますが、それでも数が多すぎるので「XM」「アキシオリー」「GEMFOREX」「TitanFX」に限定しています。

比較要素1:レバレッジ 1位と2位が圧巻

FXでは1取引当たり1万枚ないし10慢枚もの通貨を動かします。1取引当たりの量が膨大となるため、トレーダーとして最も気になるのは資金を増幅してくれる「レバレッジ」ではないでしょうか。まずは最大レバレッジの値をランキング形式にしてみました。

順位 海外FX会社 平均スプレッド
1位 GEMFOREX 1000倍
2位 XM 888倍
3位 TitanFX 500倍
4位 アキシオリー 400倍

1位となったのがGEMFOREX。最大レバレッジが1000倍と唯一の3桁を超えることになりました。2位はXMでこちらは888倍です。1000倍のGEMFOREXよりは劣るものの、3位以下を300倍以上引き離すなどこちらもかなり大きな数字を誇っています。

レバレッジが高いと「一度の多くの取引ができる」というメリットがあります。たとえば取引に使用できる資金が50万円あったとしましょう。400倍のレバレッジを仕掛ければ2億円分の取引ができるのに対して、1000倍のレバレッジであれば50憶円分の取引が可能です。

このようにレバレッジが高くなるほど、一度に多くの取引がおこなえるため得られる利益もまた大きくなっていきます。

比較要素2:スプレッド 考慮すべき要素を変えると順位は大きく変わる

FX取引においてスプレッドと同じくらい大切なのがスプレッド。売値と買値の差額を示すこの値は取引の利益部分に大きくかかわることから多くのトレーダーから注目されている要素でもあります。ここではスプレッドがどれくらいあるのかをランキングにしてみました。なおスプレッド自体は日々刻刻と変わっており、通貨ペアによっても異なるため、通常の口座でのドル円の平均スプレッドをランキングに使用しています。

順位 海外FX会社 平均スプレッド 考慮すべきこと
1位 GEMFOREX 1.2pips DD方式
2位 TitanFX 1.3pips
3位 アキシオリー 1.5pips
4位 XM 1.6pips XMPにより平均スプレッドが0.3pips~0.66pips減少する

XMPを考慮すると平均スプレッドは0.94pips~1.27pipsとなり1位or2位になる

1位はGEMFOREX。平均スプレッドが1.2pipsとほかの海外FXよりも低い数値を出しました。ただしGEMFOREXはDD方式を採用していることには注意してください。DD方式はスプレッドが狭くなる分、ストップ狩りなどの不透明な価格操作がおこなわれる方式だからです。スプレッドが狭いといっても見えない裏側で損をしていることもあり、その分はマイナスといえるでしょう。

GEMFOREXとは逆に4位となってしまったXM。単純に数値だけを見れば再開ですが、XMにはXMPという仕組みがあることを考慮しなければいけません。XMでは取引をするたびにXMPという証拠金に変換可能なポイントがもらえるようになっており、1取引当たり0.3pips~0.66pipsほどのポイントがもらえるようになっています。(もらえる量に差があるのはトレーダーに設定されるランクの影響。)XMPとしてもらえるものをスプレッドと相殺すると平均スプレッドは0.94pips~1.27pipsになるため、1位ないし2位へ君臨することになります。

比較要素3:ボーナス XMが質と量ともに圧勝

会社に勤めている人にとっては、もらえてうれしいボーナス。海外FXにもそうしたボーナスが用意されており、条件が設定されているものの満たせれば、何の引き換えもなしに得られるようになっています。具体的にはどういったボーナスがあるのでしょうか。こちらもランキング形式にしてみました。

順位 海外FX会社 ボーナス
1位 XM 口座開設ボーナス:3千円

入金ボーナス:50万円分

XMP:0.3pips~0.66pips

2位 GEMFOREX 口座開設ボーナス:1万円~2万円
3位 TitanFX なし
3位 アキシオリー なし

ボーナスに関して1位はXMでした。口座開設したときに得られるボーナスだけでなく、入金したときにもボーナスが発生するなど、ボーナスの量がとにかく圧巻といえます。

XMのボーナスで注目すべきなのがXMP。通常、ボーナスはもらえるチャンスが1回だけなのですが、XMPは「取引するたびに」もらえるボーナスであるため、XMを使っている限りはほぼ永久的にもらえます。永久的にもらえる分、1取引当たりでもらえるボーナス量は決して多くはないものの、蓄積していけば意外と大きな金額にもなったります。

2位はGEMFOREX。用意されているボーナスは口座開設ボーナスだけですが、得られる金額が1万円~2万円とかなり高めの金額が設定されています。もらえる金額が1万円~2万円と、ふり幅が大きくなっているのは時期によって変動するためです。そのためGEMFOREXで口座を作る時は口座開設ボーナスが2万円の時に作ったほうがよいかもしれません。

比較要素4:所持している金融ライセンス 参考になるかも

最後は所持している金融ライセンスを比較しました。持っているから信頼できる海外FX会社であり、持っていないからといって信頼できない海外FXというわけではありませんが、信頼できるかどうかの指標の一つとなります。そうした事情を考慮しつつランキングにしてみました。

順位 海外FX会社 金融ライセンス
1位 XM キプロス証券取引委員会
英国金融行動監視機構
1位 TitanFX VFSC(バヌアツ共和国金融庁)
3位 アキシオリー ベリーズ
3位 GEMFOREX ニュージーランド証券投資委員会

金融ライセンスではXMとTitanFXを同率で1位しました。XMがもつ「キプロス証券取引委員会」の金融ライセンスと、TitanFXがもつ「VFSC(バヌアツ共和国金融庁)」の金融ライセンスはそれぞれ厳格な条件が設定されています。そのため厳格なの条件をクリアしたことを示す金融ライセンスをもっているXMとTitanFXは信頼性が高いといえるでしょう。

アキシオリーがもつベリーズの金融ライセンスと、GEMFOREXのもつニュージーランド証券投資委員会の金融ライセンスは、XMのもつ金融ライセンスよりは信頼性が低いので3位にしました。なおGEMFOREXは金融ライセンスを持っていないといわれていましたが、2019年6月にニュージーランド証券投資委員会の金融ライセンスを取得しています。

 

まとめ トータルで見ればXMがおすすめ

ではここまで見てきたものを踏まえて、どの海外FXがオススメなのか考えてみましょう。今回はレバレッジ、スプレッド、ボーナス、金融ライセンスをそれぞれランキング化してみました。ランキング結果を見るとXMが最も評価が高ったといえます。スプレッドにはやや難点はありますが、ボーナスが豊富にありレバレッジも高いので、取引はかなりしやすくなっています。

とはいえ今回の結果を疑っている方もいるかもしれません。XMは無料で口座開設ができますので、自分で口座を作って感触を確かめてみてはいかがでしょうか。

あなたもXMのよさを体感してみよう!

おすすめの記事